Goleiro

子育て / 読書 / 生き方 / デジモノ etc.

GatsbyとHugoを比較しながらアフィリエイトサイトを作る

爆速で激安でブログ運用したい!

 

でもブログのレイアウトも流行りの言語を学びながら自由にいじりたい!

 

さらにアフィリエイトもやりたい!

 

そう思ったことはないですか?

 

え、もうWordPressでいいんじゃね?!と言われそうですが、WordPressにはサーバー代とPHPがつきまといます。

 

世間的にはアフィリエイトサイトなら圧倒的にWordPressです。WordPressのブログが構築できれば、それを仕事にできたりもします。

 

WordPressには上記2つの気になる点はありますが、世間的に認められている理由としては

  • ブラウザから記事が編集可能
  • ツールやレイアウトが豊富
  • ノウハウが豊富
  • 利用者が多い

などの点なのかなと。

 

わたしはやはり、これを加味しても、PHPとサーバー運用費が気になってWordPressには手が出せずにいます。

 

もうすでに他のブログで稼いでいる人や、自前レイアウト変更そもそもやらないという人はWordPressでなにも問題がないと思います。

 

しかし、わたしのようにお金も節約したくてレイアウトにもこだわりたいという人は、やはり自分で頑張って静的サイトジェネレータを駆使してブログ構築していくしかないのかなと。

 

静的サイトジェネレータであれば、クラウドストレージさえあればサイトを運用できるので比較的安価でいけます。

 

WordPressとその他の静的サイトジェネレータの1番の違いはここにあります。

 

WordPressはブラウザ経由の記事管理機能が常時動かなければならないので、24時間サーバーを起動しておき、その上でホスティングをする必要があります。

 

この24時間サーバーを起動させておくという点にお金が結構かかります。

awsでいうとec2を常時起動しておくイメージです。

 

静的サイトジェネレータであれば記事管理機能が無い分、サーバー起動の必要がなくなることでコストを抑えることができます。

こちらもawsで例えるならs3に置くだけの運用イメージです。

 

さらに静的サイトジェネレータでもnetlifyというホスティングサービスを駆使すれば、ブラウザからの記事編集ができることが分かっています。

 

netlify自体はホスティングサービスですが、この派生ツールであるnetlifyCMSを使うことでブラウザ経由の記事編集をすることができます。

 

つまりはnetlifyCMSが使える静的サイトジェネレータを探せば大体のやりたいことは満たせるようになるのかなと。

 

どんな静的サイトジェネレータでも頑張ればnetlifyもnetlifyCMSも使えると思いますが、前例があるものを選んでいくとGatsbyとHugoにたどり着きました。

 

静的サイトジェネレータについて先ほども触れましたが、クラウドストレージさえあればホスティング可能です。

わたしはブラウザからの記事編集にこだわっているのでここでnetlifyについて触れています。

 

GatsbyやHugoでブログ作ろう!となった場合、レイアウト改修したくなれば前者はGo言語、後者はReactの知識が必要になります。

 

どちらも人気のある技術なので学んでおいて損はないし、世間にノウハウも豊富にあります。

 

Hugoにはデザインテンプレートという考え方があるのに対し、Gatsbyにはありません。

 

この点、Gatsbyの方がテンプレ切り替えの際は圧倒的に不利です。

 

しかし、デザインを自分でカスタムしたくなったら圧倒的にGatsbyが有利です。理由はすでにnpmなどで公開されているReact製のUIパーツを組み込むことができるからです。

 

なので、HugoかGatsbyで迷ったらこう考えましょう。

 

テンプレートは時々気分で切り替えたくなるし、カスタマイズも少しで良いという人

Hugo

 

ゴリゴリこだわって自分だけのブログを作るぞという人

Gatsby

 

みなさんも自分だけのブログを格安で運用してみませんか?

 

わたしは頑張って作ってみようかと日々格闘中です!

 

 

すべてがいやになった時に自分を再起動させる方法

やることなすことすべてか上手くいかずに、、もうなにもやる気が起きない、と言った状態になったことはないですか?

 

周りの人たちが全て敵に見えたことはないですか?

 

実は今のわたしがそんな感じなんですがね。

 

そんなときでも、ひとつひとつ手順を踏むことですこの状態から抜け出す方法があります。

 

んなわけねーだろだって?

いやいや、安心して下さい。

 

ライフハック自己啓発系の書籍を読み漁ったわたしが言うのだから間違いはないです。

 

こんな手順で解決していくと良いですよ。

 

  1. 自分を不安にさせている要素はなにかを洗い出す
  2. その不安はいつまで続くのかを考える
  3. その不安はどういう状態になったら不安でなくなるのかを考える
  4. 不安要素の状態を解消させる、または軽減させる方法がないかを考える
  5. 実際にできることから始める。未来のことは考えずに、今やることだけを考える

 

どうですか、3まで考えを進めただけでも少し楽になりませんか?

 

実はこの手法はマインドフルネスと呼ばれるメソッドです。

 

マインドフルネスとは簡単に言うと瞑想を使った精神改善メソッドとでしょうか。

 

セレブ達の間で流行っているヤーツです。

 

上記の手順に瞑想はありませんでしたが、これも取り入れることで改善効果さらに上がります。

 

ストレスフルな状態というのは思考がフル回転している状態です。

この状態に瞑想を取り入れることで、この回転を一時的に停止させて、脳をクールダウンさせることができます。

 

瞑想の具体的なやり方や効果はこちらにあるので割愛します。

 

 世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

 

この書籍についての詳細はこちらでまとめています。

 

goleiro.hatenablog.com

 

 

この本にもありますが瞑想と脳はメチャクチャ関係があります。

 

脳科学について、つまりは脳のカラクリについても理解しておくと自分をコントロールするのが楽になります。

 

前半で紹介した方法は、自分自身の状態を第三者からみたような視点で、客観的に分析するところにポイントがあります。

 

脳科学っぽくいうと、潜在意識にある情報を顕在意識で分析することをしています。

 

顕在意識とは無意識と呼ばれているものに近いです。

無意識には大量のデータを保存できますが、それらが何かを判断することはできません。

判断するのは顕在意識の役割です。

 

無意識は放っておくと、決められたパターンでデータを顕在意識に送り続けます。

これが楽しい情報であれば良いのですが、そうではないこともあります。

 

自分では考えたくもないことを永遠と考えてしまうことを心理学用語ではモンキーマインドと言います。

 

このモンキーマインドを解決する方法こそが前半で紹介した方法になります。

 

大事なのでもう一度紹介しておきましょう。

 

  1. 自分を不安にさせている要素はなにかを洗い出す
  2. その不安はいつまで続くのかを考える
  3. その不安はどういう状態になったら不安でなくなるのかを考える
  4. 不安要素の状態を解消させる、または軽減させる方法がないかを考える
  5. 実際にできることから始める。未来のことは考えずに、今やることだけを考える

 

 

どうですか、少しは楽になりましたか?

こういった問題に特効薬はないと思います。

 

ひとつひとつ見つめなおして改善していくのみです。

 

是非お試しください。

 

それから、こんな時はこちらの書籍もオススメですよ。

 

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

 

 上記、書籍のレビューはこちらでもまとめています。

 

goleiro.hatenablog.com

 

 

 

耳に入れない"ながら"イヤホン「ambie sound earcuffs」の使用感まとめ

f:id:HAGIZO:20170402001326p:plain

こちらの記事で紹介されていた耳に入れない"ながら"イヤホン「ambie sound earcuffs」だが、本日手元に届いたので簡単に使用感をレビューする。

f:id:HAGIZO:20170402001347p:plain

中に入っているものは3つ。本体、保証書、イヤーピースの予備になる。

今回購入したカラーはAsphalt Black。ブラックというよりグレーに近い。素材はシリコンでできている。調理道具によくあるアレ。

実際に耳につけて試してみたが、上記サイトや公式サイトで紹介されている通り通常の日常音に加えてBGMがひたいのあたりで響いている感じ。重低音は少し弱く感じるものの、ソニーの音響技術を活用した高感度ドライバーユニットを搭載しているだけあって音質はとても良い。周囲の音も聴こえているのでオフィスなどでコミュニケーションを阻害することなく使えるのは嬉しい。気になるのは音漏れだがこちらも問題ない。どこかで微かな音楽がなっているかな程度で、電車でよく見かけるシャカシャカ音漏れをしている人と比べれば微々たるものだ。

価格は税込み¥5,940で送料無料。初回生産分は完売しているが現時点で予約受付は行っている。どうしてもすぐに手に入れたい人は以下の店舗で取り扱っているので問い合わせると良いだろう。

取り扱い店舗

・RHC ロンハーマンみなとみらい店

・RHC ロンハーマン大阪店

・チャーリー・バイス(新宿伊勢丹8F)

・二子玉川 蔦屋家電

・ロンハーマン千駄ヶ谷店

・ロンハーマン京都店

・ロンハーマン福岡店

 

ambie.co.jp